不動産会社を通して家を借りる

多くの方は家を借りる時には、不動産会社を通すでしょう。
最も安く家を借りる方法は、大家さんと直接交渉をすることですが、多くの大家さんは今は直接交渉を望んでいません。
その理由は不動産会社が間に入っていないと、トラブルが起きた時に間に入ってくれる存在がいなくなり、結局問題を自分で解決しなければならないからです。

直接、相手と交渉ができる反面、このような大きなデメリットがあるため、多くの大家さんは不動産会社を仲介にしているわけです。
しかし大家が納得できるのであれば、やはり直接交渉をするのが、借り手にしても一番メリットがあります。

大家としても不動産会社に仲介手数料を支払う必要がなくなりますし、手元に入ってくる金額も大きくなるわけです。
ですから上手くすれば大家さんも直接交渉をしてくれる可能性もあるでしょう。
上手くいくかは大家さん次第になりますが、1つの方法は不動産会社を通じて家を借りる時に、大家さんの情報を入手して、直接連絡をしてみることです。
家賃の金額などの交渉材料によっては、上手くいく可能性がないわけではありません。

jimmy / 2018年3月28日 / その他