過払い金が発生しているか弁護士に相談してみよう!

近年ではインターネットからお金を借りることができるので、気軽に申し込みする人も多いですよね。
初めてお金を借りる時にはすぐに返済できると思ってしまいますが、1度借りると繰り返し利用する人が多いので、完済するのはとっても難しいのです。
借金をしている人の中には利息制限法の上限金利である15~20%以上で返済している人や、2010年6月以前から借金をしているような人には過払い金が発生している可能性があります。
過払い金は今まで払い過ぎていた利息で、弁護士に依頼すれば過払い金請求を行ってくれます。
過払い金によって借金が完済できた人もいるので、自分にも発生しているのかまずは弁護士に確認してもらうといいでしょう。
過払い金にも時効があるので、早めに相談することが大切です。
また借金を完済していても過払い金が発生していれば、お金を取り戻すことも可能ですよ。

残念ながら過払い金が発生していなくても債務整理という手続によって借金問題を解決することができます。
任意整理、個人再生は借金を減らすことができる手続で、自己破産は借金を無くすことができる手続ですが、自分の借金にどの債務整理があっているのか判断するのは難しいので、弁護士に相談してみるといいでしょう。

jimmy / 2017年10月11日 / その他